センター。その3.

a0024839_16375122.jpg

ベビーちゃんたちが

遊んでいるのを

心配そうにみつめる母犬^^



a0024839_16384119.jpg

み~んな  父親似の マックロちゃん^^









盲導犬の訓練模様イベント
a0024839_1641336.jpg
ゴールデンの父をもつ ラブ^^









a0024839_16424133.jpg



遊びの中で  グッドを知る^^


奥で待機してる 訓練後半の

微動だにしない 白ラブちゃんが~^^


手前に映っているのは   お客様ワンです^^





盲導犬の訓練は  「グッド」をひきだすものでした。

訓練は 楽しいゲームで   グッド♪を いっぱいもらえる うれしいものでした。



「そうじゃない!」とか 「モー!察してよ!」とか  「言葉がわからないんだから、バカ!」とか

「何回も 教えたでしょ!バカね!」とか   「ちゃあんと・はやく・もー・すわって・しずかにしてなさいよ!」とか

普段、 飼い主は なにげに そんなことを いいがちではないですか?

ほんとは  ワンコと 一緒に 幸せでいたいのに・・





引退犬のお部屋にも  もちろん行きました。

写真は 遠慮しました。

今回は、 あの ウィッシュを覚えなかったこも  とっても期限がよくって  いっぱいナデナデしてきました^^


長老の 黒ラブちゃんは 17歳で もう ずっと ウトウトしてましたが

あたたかな日差しがはいる おだやかな部屋で  床づれもなく   おだやかな顔でした。



前回も 感じましたが

スタッフの方々、ボランティアの方々、  そこに いらっしゃる みなさんが

明るく おだやかな笑顔をもった 方々でした。



盲導犬に対する  可哀想だという意見を持っているかたに 

富士ハーネスを 訪れていただくのは 難しいことですが・・・

すこしでも   わたしの気持ちが 伝わってくださればいいのですけれど。。






     あの  いまわしい あの場所が  富士ハーネスセンターによって

     おだやかな すばらしい場所へ    変わったように。。。  戻ったように。。。


犬と一緒に 生きる幸せが  おだやかなもので あるよう。。。

もちろん   自由とは   責任を伴うものであることを 忘れないで。。。




                   
     富士ハーネスで 過ごした半日  とても たのしかったです。ありがとう。
by tearoom-wan | 2009-11-09 17:12 | おでかけ
<< ロータリーに植樹です センター。その2. >>