朝日新聞の特集

これまで

何冊か  戦争ものの本は 読んだのですが


まだまだ

全然  わからないのです


戦争といっても  わたしが思うのは  第二次世界大戦のこと


きちんと新聞を読んでいなかったので

新聞で 「東京裁判」の特集をしていたのを

先日、気が付いたので・・・ 朝日新聞社にうかがって コピーを送っていただきました




a0024839_1357089.jpg



じっくり




じっくり













事実というものは


ひとつではないということ



いろいろの角度からの事実が ある



たくさんの人の 思いや思惑が交差して 流れがうみだされた





当時 中学生だった

亡き父は 「当時は ソ連の脅威があった。日本は追い込まれていた」と言っていました

それも、ひとつの事実だっただろうと思います










二度と

同じ過ちを起こさないために

知りたいと   思うのです





押し付けられた憲法であったとしても

これから

なにが違うのか?!  なにを変えたいのか?!  守るべきは何なのか?!






わたしは

わたしの家族   もちろん 愛犬たちも含め

この平和を守りたい  と 思うのです
[PR]
by tearoom-wan | 2006-07-15 14:17 | 平和
<< 「怒る」 毎日・・あっちいです >>