いろんな出会いがあるけれど

犬を飼っているっていうことは  シアワセなのです


お買い物のついでに ペットショップを覗いたら

自分をみつめる かわいい瞳に出会ってしまって そのこ(犬)を連れて帰ってきた

っていうことも  よくあること。。



わたしも・・ かわいい子犬を見られるから♪

ペットショップは覗きますもの。。 ガラス越しの かわいい姿 ・・・




いつかは あの犬種を飼いたい!!って  長い間思いつづけて

探し回って めぐり合う

っていうこともあるでしょう。。




絶対に 子犬から飼いたい!!  っていう人も多いですよね



躾のできている 大人の犬を飼いたい!  っていう人もいらっしゃるでしょう




うちの場合は

安曇野のリンゴ園で のびのび大らかに暮らしていたGリトリバーの夫婦に出会い

アノ子達のこどもがほしいと思い   エルと出会ったのです


そして

エルに出産してもらい  1匹だけだった♀のソフィが 家族になったのです



そして

おととしの11月、里親にだされた チワワのチャチャを

30分で   わたしの独断で  家族に迎えました






今  おもうと

いろいろな  犬の現状を

少しは わかってきた

今は

わたしのしてきたことは  決して 胸を張って言えるようなことではないのですけど



でも


だからこそ



ほんのささいなことではあっても

わたしに できることがあるはず  って思うのです







エルの出産後

♀のご予約はキャンセルになり、 ♂2匹の飼い主さんが決まらずに

 わたしも焦りだし  いろいろ友達にも声をかけていたところ

あるGリトリバーの多頭飼いをしているというかたには、非難されました


    たしかに、今おもうと  個人の出産は難しいものがあるのは理解できます



生後60日を迎え

中庭に入る大型のケージが届いたその日

縁は異なもの !!  

 2匹の飼い主さんとの出会いが訪れたのです。。




おもうのです


大型犬は  覚悟がいります

なんといっても  介護が大変なのだそうです


まだまだ 遠いことではありますが・・


ゴールデンリトリバークラブGRCJ

そちらからの ワンコを迎える日があるかもしれません

         
           真剣に考えてはいるのですが・・いつか

           それは  きっと  まだまだ先のことですが・・




そういった多くの団体が  愛護センター・保健所で処分される直前の

命を保護してきているのです



動物保護センターのほうには、『子犬の里親希望』されているかたが たくさんいらっしゃるのです

が            絶対に読むべき -心で読んで下さい。-

今の日本の現状では 乳飲み子の赤ちゃんを引き取ることはできません!!

絶対に読むべき

センターの職員の  執行人の

心痛はいかばかりかと察することしかできませんが
[PR]
by tearoom-wan | 2006-05-27 15:34 | 平和
<< 犬を飼おうかなぁ。。と考えてい... 不幸なワンコを見たくない >>